groonga 2.0.2リリース

groonga 2.0.2リリース

今日は肉の日ですね。

groonga 2.0.2 がリリースされました!

それぞれの環境毎のインストール方法:
インストール

今回のリリースの主なトピックは以下の3つです。


  パッケージ署名用の鍵を変更
  類似文書検索のサポート
  管理画面にサジェスト機能用ページを追加


パッケージ署名用の鍵を変更

今回のリリースからgroonga開発チームとして継続的にリリースを行うためにgroongaパッケージ署名用の鍵を作成しました。新しい鍵は以下の通りです。

% gpg --list-keys --fingerprint 45499429
pub   1024D/45499429 2012-04-28
      Key fingerprint = C97E 4649 A205 1D0C EA1A  73F9 72A7 496B 4549 9429
uid                  groonga Key (groonga Official Signing Key) 



鍵の変更に伴ってパッケージのインストール方法が少し変わっています。詳細は
インストール ページを確認してください。

すでにパッケージをインストールしていて、これからアップグレードする場合は以下のように新しい鍵をインポートしてください。

Debian/Ubuntu:

% sudo apt-get update
% sudo apt-get -V -y install groonga-keyring



CentOS/Fedora:

% sudo yum makechace
% sudo yum install --nogpgcheck -y groonga-repository



類似文書検索のサポート

今回のリリースから類似文書検索がサポートされました。

Sennaの頃から類似文書検索はサポートされていて、これまでも内部的には類似文書検索は実装されていたのですが、
select コマンドで使うことができませんでした。

類似文書検索を使うには select コマンドの --filter オプションに
column *S 'TEXT' という条件を指定してください。この条件は、 column
に格納されている文書が 'TEXT'
に類似しているレコードを検索する、という意味になります

管理画面にサジェスト機能用ページを追加

groongaにはブラウザベースの管理ツールがありますが、その管理ツールで
サジェスト機能
を試すことができるようになりました。

現在サポートしているのは、すでにセットアップされたサジェスト用データセットに対する検索のみです。サジェスト用データセットの作成や学習、学習結果の補正などといったことはできません。

さいごに

2.0.1からの詳細な変更点は 2.0.2リリース -
2012/04/29 を確認してください。

それでは、groongaでガンガン検索してください!
Edit Post Back Destroy Post